プライム・ビデオに追加された「祈りの幕が下りる時」は超おすすめ

圭太
圭太

今日は、このブログとしては珍しく、ゴリゴリのゴリ押しの記事となっています。

阿部寛主演の「新参者」というドラマがあります。知っていますでしょうか??

2010年に放送された連続ドラマなのですが、そこそこ人気だったこともあり、その後も度々、スペシャルドラマや映画で続編をやっていました。

普通、連続ドラマのスペシャル放送や映画化は微妙な結果になることが多いのですが、このシリーズはもともと、東野圭吾さんの小説が原作ということもあり、全部面白いんですよね。

そして、2018年に完結編である「祈りの幕が下りる時」が映画化されたのですが、それが早くもアマゾンのプライム・ビデオに登場しているのを今日、発見してしまいました。

で、これなんですが、めちゃくちゃ面白いんで暇な人には是非みてほしいです。

シリーズ全作おすすめなんですが、特に、この祈りの幕が下りる時は素晴らしかった。

あらすじとしては、女性の絞殺死体が発見され、殺害現場となったアパートの住人が行方不明。警察が捜査を進めるうち、主人公である加賀恭一郎の失踪した母に繋がっていき・・・というサスペンスものなのですが、話が非常によくできていますし、出演者の演技も絶妙で、感情が揺さぶられます。

ネタバレしちゃうと面白さが半減なので、見どころとか詳しいあらすじは記事に書けない(そんな文章力もない)のですが、騙されたと思ってみてほしいです。絶対ハマって全作見たくなると思います。

ちなみに、基本的に1話完結なので、シリーズのどの作品から見ても問題ありません。ドラマや前作の映画を一切見てない人でも、いきなり「祈りの幕が下りる時」を見て十分に楽しめる構成になっています。

ドラマはアマゾンのプライム・ビデオで1話324円ですが、「映画の麒麟の翼」と「祈りの幕が下りる時」はどちらもプライム会員であれば無料で見ることができます。

プライム会員は1ヶ月400円で入会できますから、この2作のためだけに課金しても、全然損じゃないです。

コメント