パーク24決算はまずまずも、来期予想が渋すぎる

今日はパーク24の決算発表がありました。

すでに日経新聞で情報が漏れていましたが、報道通りの数字が出てきました。

売上28%増と経常11%増となかなか良い数字でしたね。問題は今期予想です。

増収増益を見込んでおきながら、本社移転とブランド変更による費用によって、純利益は前期138億から128億まで減少するようです。

これってどうなんでしょうね?

本社移転はまあ良いとしても、「ブランド変更って必要なの?」っていうのが正直な感想です。

変更後のコーポレート・ロゴ、ブランドロゴ、コミュニケーションロゴをすべて見ましたが、別に今のままで良いでしょう。

これで売上とか利益が増えるとは思えません。今後1年は大きく株価が下がる機会もありそうです。

ただ、来期以降や海外部門の利益が上がるようになってきた場合、株価の上昇は必至と見ています。国内でのカーシェアも盤石なシェアを築きつつありますし、ガチホというスタンスには変更なしでいきたいと思います。

コメント