大和証券でポートの補欠当選。老舗証券会社はやっぱりオススメ

12月14日にポートのIPO抽選で補欠当選していました。

繰り上がり当選は難しいでしょうが、期待せずに購入申し込みだけはしておきました。

それにしても、SBI証券や楽天証券などのネット証券がIPO抽選でカスリもしないのに対して、老舗の証券会社は当選確率が高い気がしますね。

みずほ証券で口座開設してすぐに1件当選、大和証券も1件当選、1件補欠当選しています。SBI証券なんて、何十件も申し込みしているのに全く当たりません(ソフトバンクは当選しましたがこれはだれでも当たるので例外としておきましょう)。

投資ブログなどでは、アフィリエイトがあるネット証券が推されていますが、IPO抽選に限れば、みずほ証券や大和証券が断然おすすめです。割当数が単純に桁違いに多いので、完全抽選にまわされる数も多く、当選しやすいんでしょうね。

もっとも、老舗の証券会社は手数料がめちゃめちゃ高いですし、楽天証券のような超絶お得なポイント制度というのはないので(あるにはあるがしょぼい)メイン口座として使うことは絶対にないんですけどね。

ようや目的に応じて使い分けるのが良いってことです。

幸い、日本の証券会社は口座を持っているだけでは、手数料とか口座維持手数料がかからないところがほとんどです。

デメリットはないので、IPO投資をやりたい人はどんどん口座開設したら良いです。

逆に、インデックス投資しかしないよとか個別株投資しかしないよという人は、楽天証券とSBI証券の2つだけで全然OKですね。

コメント