超少額投資で優待ゲット。1株だけで株主優待がもらえる銘柄

先日、1株持っているだけで年間5000円相当の株主優待をもらえる銘柄を紹介しました。

優待クロスが面倒な人でもOK。低リスクでリターンを得る。現物買いでおすすめの銘柄
通常、株は100株単位で購入する必要があります。 しかし、端株といって1株...

実は、もう1つ1株持ってるだけで優待を受け取れる銘柄が存在します。

スポンサーリンク

山田コンサルティングは端株だけで優待ゲット

山田コンサルティングは2019年8月2日の終値が2002円。

たった2002円の投資で、山田コンサルティンググループ監修の書籍を1冊無料でもらえます。

2019年3月期に選択できた書籍は以下の4冊です。

1.「2019年度税制改正のポイントと解説」及び「FP FILE 2019」
2.令和元年度版 税務インデックス
3.日経MOOK 「負け組」を「勝ち組」に変える不動産活用術
4.日経MOOK 中堅・中小企業の「働き方改革」

定価で買うと1400円~1600円くらいします。

これらの書籍に興味がある人は投資しない手はないですし、興味がない人も、すぐにメルカリやヤフオクで売却すれば多少の利益は出せそうです。

優待の価値を500円としても優待利回りは25%、1000円と考えれば50%という驚異的な優待利回りとなります。

しかも、配当も2%強つきます。

ただし、同じことを考える人は結構いるようで、メルカリで多数出品され売れ残っているのも事実。このあたりは先日紹介した銘柄とは異なるところです。

書籍をもともと読んでみたいという人はマストバイですが、そうでない人にとっては、なんとも判断が難しいところです。

それでも、1株だけの購入であれば投資資金はわずかですし、SBIネオモバイル証券であれば月額50万円以下の端株の購入手数料は0円です(サービス利用料として月200円+消費税がかかりますが、Tポイントが月200ポイントもらえます)。

かなり低リスクな投資と言えそうです。

コメント