One tap buyでIPO申込みができるようになるけど口座開設しません

多くのブログやサイトで紹介されていますが、当ブログでは一切紹介してこなかった証券アプリがあります。

One Tap Buyというアプリで少額から株式を購入できるものです。

ただ、

  • 取扱銘柄が少ない
  • 取引手数料が高い
  • 為替手数料も高い
  • 出金手数料がかかる

そのため、僕は一切利用していないですし、今後も利用しないという考えに変わりはありません。

One Tap Buyは株数単位ではなく金額単位で株を購入できるので、遊びやお試しで株取引というものをやってみたい人にはとっつきやすいのかもしれません。

ですが、わざわざ高い手数料を払ってやらなくても今はネット証券で格安で取引できます。たとえばSBI証券、楽天証券、松井証券なら1日10万円までの売買は手数料無料です。

1000円から株を買えるというのもメリットにも見えますが、本当にそうでしょうか。1000円で株を買って10%値上がりしても100円しか儲かりません(手数料を払ったら90円)。

何より、1000円程度の投資で真剣に銘柄を吟味するのか疑問です。真剣にやらないなら株なんてやらない方がマシでしょう。食い物にされるだけです。

スポンサーリンク

IPOに参入

そんなOne Tap Buyで、IPOの取扱いを開始するようです。

特徴としては1株から抽選申し込み可能にして当選者数を増やす方針のようです。

IPO銘柄の初値売りはかなり利益が出る可能性が高い投資法なので、一見、良さそうに思えます。

ただ、1株だけ当たっても利益はたかが知れています。

たとえば、僕が最近当選して6万4100円の利益が出たプリントネット。これ1株だけだったら641円の利益にしかなりません。

さすがに手間暇かける価値がないような気がします。

複数株の当選もありうるようですが、もしそんなに当選するなら、すぐに口座開設者が殺到して、すぐに倍率が高騰すると思います。

よって、僕は、やはり口座開設は見送ろうと思います。

なかなか当たらないIPO投資で当選する方法
7月から個別株投資を再開した話はすでに記事にしましたが、実は6月下旬からIPOの...

コメント