12月だし、そろそろ損益通算

僕は、個別株を除いて基本的に、インデックスの投信は買ったら、ずっと保有するつもりで投資をしているのですが、今年は100円投信の積立で含み損になっているものを全部売ろうかなと思っています。

というのも、個別株投資でZOZOを売買した結果、利益が出て支払った税金があるからです。

エムケイシステムを損切りして一部は還付されたものの、まだ取り戻せていない分があります。

もしくは含み損になっているグローバルグループを一部売って、すぐに買い戻すという手もあります。

ただ、個別株の売買は手数料がかかりますからね。投信の売却のほうが気楽です。

スポンサーリンク

100円投信の積み立ては継続したほうが良いのか

僕の100円投信の積立の損益状況は-1065円です。

ただし、1個の積立につき毎月3ポイントの楽天ポイントをもらっていますから、それも加味すると余裕でプラスにはなっています。

今年のような投資に厳しい1年を経た後でも、実質的には損をしていないのですから、本当にお得ないシステムだと思います。

そもそも、投資に損はつきもの。100%負けない投資はありません。これはインデックス投資だろうが、IPO投資であろうが同じ。リスクは必ずあります。

それでも、楽天証券の100円投信積立でもらえる楽天ポイントはそのリスクを3%分だけ軽減してくれると言えます。

なので、僕は楽天証券がこのポイント付与を辞めない限り、継続するつもりです。

実質3%引きで投資信託を買う方法
※こちらの記事に書かれている方法は改悪により使えなくなりました。 このブログを...

コメント