SBIのidecoが新プラン導入。これって旧プランに新規申し込みする人いないでしょ

SBI証券のideco口座にemaxis slim先進国株式がないことをずっと不満に思ってきましたが、ついに投資が可能となるようです。

iDeCo(個人型確定拠出年金) 新プラン設定のお知らせ(SBI証券)- PR情報|SBIホールディングス
株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取&#322...

しかし、slimシリーズが現在の運用商品ラインナップに追加されるのではなく、現在ある商品ラインナップはそのままにして旧プランと呼び、それとは別の商品ラインナップ群を作成して新プランとするようです。

スポンサーリンク

新プラン設定の理由を予測する

ideco口座の運用商品は2023年までに35本以下にしなくてはいけないとされています。

もし、slimシリーズを導入しようとすると、その分、現在ある商品を削らなくてはいけません。そして、削ろうとする商品に投資している人の3分の2の同意を取らなくてはいけません。

これは中々大変ですよね。

しかし、slimシリーズをはじめとする超低コストのインデックス投信を追加しないと新規加入者が減り、既存の加入者もマネックスや松井証券に顧客が流れかねません(もしかしたら、一定数そういう人がすでにいるのかもしれません。僕も迷っていますし)。

そこで苦肉の策で、旧プランを残しつつ、新プランを設定したのでしょう。

運用商品のラインナップは35本以下にしなくてはいけないという法律の趣旨を骨抜きにするような策ですが、slimシリーズを買えるようになったことは喜ばしいので、まあ良しとしましょう。

問題は旧プランから新プランへの移行方法です。

新プランへの以降は現金化が必要

僕のように既に旧プランで運用している場合、保有している投信は新プランへの移行にあたって全て現金化が必要です。

その上で新プランに移行して、投信を買い付けるという流れになります。

要するに、売却から移行・買い付けまでに大きな価格変動があった場合、その影響をモロに受けます。

それが暴落であれば「ラッキー!」という感じですが、上昇だった場合は「損した!わずかな信託報酬の差なんか一気に吹き飛んでしまった」ということになってしまいます。

実際に、僕がideco口座を琉球銀行からSBI証券へ変更した際には、かなり価格が上昇してしまい悔しい思いをしました。あの時は1ヶ月くらい移行期間があったので、かなり、やきもきしましたね。

掛け金の拠出はどうなる??

また、移行にどのくらいの日数がかかるかわかりませんが、その間の掛け金の拠出はどうなるのでしょうか。

金融機関の変更の際は、移行期間が長かったのですが、掛け金の引き落とし、拠出は、問題なくできていました。

なので、プラン変更の際も大丈夫でしょうが、一応確認しておこうと思います。

プラン変更どうしようかなあ。

迷います。

コメント