ETFと投信の違い。それぞれのメリットと判断基準

インデックス投資をしようと思った時に、ETFと投信のどちらを買うべきか迷う人は多いと思います。

この記事では2つの違いとそれぞれのメリットを説明していきます。

スポンサーリンク

ETFと投信の違い

ETFと投信は、買い付け方法とコストの中身に大きな違いがあります。

指値で買うことができるかどうか

ETFとは上場されている投信のことです。

上場されているので、ETFは取引時間中に指値で買うことができます。

これに対し、投信は1日1回基準価額が発表されるだけですので、買い注文を出したときには、いくらで約定するかはわかりません。

コスト

ETFも投信も、どちらも保有期間に応じた信託報酬などのコストがかかります。

これに対し、売り買いする際にかかる取引手数料は、違いが出ます。

ETFは証券会社の手数料がかかります。ほとんどの証券会社で手数料がかかりますが、松井証券、SBI証券、楽天証券ではアクティブコースで1日の約定代金が10万円以下であれば手数料はかかりません。

投信は買い付け手数料がかかるものもありますし、かからないものもあります。

スポンサーリンク

ETFと投信のどちらを買えば良いのか?

ETFと投信の違いを知りたい人というのは、結局どちらを買えばよいのかということを知りたいのだと思います。

結論から言うと、一概にETFが良いとか投信じゃなきゃダメとは言えません。

ETFでもダメダメな商品はありますし、投信でも絶対に買ってはいけないようなものがたくさんあります。

結局、優良なものを選ぶことが大事で、ETFか投信かというのはそこまで重要ではありません。

優良な商品とはトータルコストが低い商品

じゃあ優良な商品って何?ということですが、先進国株式に投資をしたいのであれば、僕は以前から言っているようにemaxis slim先進国株式インデックスをおすすめします。

1つだけ投資商品を買うとしたら、何を買うか
もし、生涯1つしか投資商品を買えないとしたら、僕はemaxis slim先進国株...

これは投信に分類されます。

emaxis slim先進国株式インデックスはとにかく信託報酬が低いです。さらに買い付け手数料も0円です。

先進国株式インデックスはETFにも優良な商品があるのですが、投信をおすすめする理由は、楽天証券で投信を買うと、ポイントバックがあるからです。

楽天証券では楽天カードを使って積立てれば1%のポイントバック(1ヶ月の上限5万円、500ポイント)、保有期間中は0.0048%のポイント付与があります。

[朗報]楽天カードを使って投信積立をすると楽天ポイントが貯まる
ついに楽天がやってくれました! 楽天証券の積立投信と言えば、100円積立に...

信託報酬だけ比べればemaxis slim先進国株式インデックスよりも低いETFはたしかに存在します。

でも、このポイント分を考慮すると、どう考えても投信を買ったほうが得なのです。

もちろん、これは現時点でのおすすめです。楽天証券にとって、このポイント付与はかなり重い負担なので、いつまで続くかわかりません。

また、どうしても指値で買ったり売ったりしたいという人はETF以外選択肢にはあがりません。

今後、ETFがオススメ商品となるときも来るでしょうが、現時点ではemaxis slim先進国株式インデックスの右に出る商品はないでしょう。

コメント