投信の積立設定で楽天カード決済が可能になっています

今日から楽天証券で投信の積み立て設定をする際に、決済方法で楽天カードを選択できるようになっています。

[朗報]楽天カードを使って投信積立をすると楽天ポイントが貯まる
ついに楽天がやってくれました! 楽天証券の積立投信と言えば、100円積立に...

11月12日までに設定すれば12月3日に買い付けし、12月27日に引き落としという流れとなります。

僕は早速、つみたてNISA口座のemaxis slim先進国株式(3万3333円)と特定口座でのemaxis slim先進国株式(1万6667円)の合計5万円分について楽天カードでの決済に変更しました。

これで、毎月楽天ポイントを500円分ゲットです。

この他に100円投信の積み立てでも楽天ポイントをもらえるので、毎月750円以上の楽天ポイントが貯まることになります。

実質3%引きで投資信託を買う方法
※こちらの記事に書かれている方法は改悪により使えなくなりました。 このブログを...

これらは、もちろん投信への再投資に使います。

楽天証券の100円投信積立の現状と今後の方針
僕は、メインで積み立てているemaxis slim先進国株式とは別に、1つにつき...
スポンサーリンク

他の証券会社の動きにも注目したい

はっきり言って、月5万円以下での投信買い付けについては、楽天証券の右に出る会社は現状、皆無ですね。

また、5万円分以上の買い付けでも楽天証券以外で投信保有でポイントをもらえるのはSBI証券くらいで、この2社以外の選択肢はありません。他の証券会社で買う理由がないんですよね。

11月1日から松井証券で投信保有で0.1%分のポイントがもらえるサービスが始まりますがemaxisシリーズをはじめ優良投信は軒並み除外対象となっています。残念ですね。

松井証券はおそらくSBI証券や楽天証券に対抗してポイント制度を始めたはずですが、最初から勝負になっていません。

このままだと、リテラシーの高い投信積立組は楽天証券を選ぶ流れは変わらないだろうな、と。

ただ、楽天証券もSBI証券も盤石な地位を築いてしまうとポイント制度をやめてしまうでしょう。良くも悪くも会社なんてそんなもんです。

だからこそ、他の証券会社にも、もっと頑張って欲しいです。

コメント