電気は東京ガスで契約している僕がオススメする3つの理由

僕は以前から節約するなら、まずは固定費から手をつけろと主張しています。固定費の節約の方が、高いプランを解約したり、安い契約をする際の手続きだけで、その後もずっと楽に支払いを減らせるからです。

電気代やガス代などの光熱費は、使用量によって料金が変わるので、一見、固定費に見えます。しかし、契約する会社やプランを変えることで継続的に割引のメリットや料金削減のメリットを受けられるという固定費の側面もあります。

僕自身、電気の契約を東京電力から東京ガスに変えて、電気代をかなり減らすことができました。契約会社を変更しただけで、特別な節約を意識した生活をしなくてもです。

スポンサーリンク

電気を沢山使う家はお得

注意してほしいのは、誰でも東京電力から東京ガスに変えれば得をするわけではないということです。

特に電気の使用量が少ないひとり暮らしの場合、東京電力のプランの方が電気代が安いというケースは結構あります。東京ガスのサイトには電気やガスの使用量を入力して料金の変化をシュミレーションできるページがあるので、必ず確認してから変更するかどうか検討しましょう。

僕は、家で仕事をしていることもあって、エアコンやPCの電気代が人一倍かかっています。そのため、東京ガスの方がお得という計算結果が出たので、変更しました。

スポンサーリンク

ポイントが貯まる

東京ガスは、電気料金やガス料金に応じてパッチョポイントというものが貯まります(無料で登録できるウェブ会員サービス「myTOKYOGAS」会員になることが必須)。パッチョポイントはグッズとの交換のほか、pontaポイントやTポイント、dポイント、楽天ポイントなどにも交換できます。これが結構嬉しい。

貯まるポイントの量は契約プランによって変わりますが、電気料金1000円あたり15ポイント、ガス料金1000円あたり5ポイントが貯まります。なかなか良い還元率ですよね。

これとは別に料金をカード払いにしておけば、クレジットカードのポイントも貯まるわけですから、普通に生活しているだけでザクザクとポイントが増えていきます。

スポンサーリンク

使用量や料金が見やすい

myTOKYOGAS会員になると、1日ごと、1ヶ月ごとの電気やガスの使用量、料金をひと目で確認することができます。

表やグラフでも表示できるので、めちゃくちゃ見やすいです。前年の使用量も表示されるので、普段の生活に生かすことも楽です。僕は光熱費は過度な節約はしないことにしているので、そこまで役立ててはいませんが、光熱費まできっちり節約していきたいという家庭にはかなり重宝するツールだと思います。

コメント