DBDやるならプレステ4よりPC版がおすすめ

DBDって知っていますか?

デッドバイデイライトの略称で、2年くらい前から世界中で大人気のオンラインゲームです。

ゲーム実況者がよく配信でやっていて、それを見ていたら自分もやりたくて買ってしまいました。

日本ではPS4とPCのどちらかでできます。

今日はPCとPS4のどちらでDBDをやるのがオススメか説明します。

スポンサーリンク

PC版のメリット・デメリット

まず、PC版は値段が安いです。1980円でダウンロードが可能です。

また、それ以外には、有料オプションのキャラクターを購入しない限りお金はかかりません。

欠点は、ハイスペックなPCが必要なことです。家庭用のノートパソコンなんかだと、動作させることすら厳しいはずです。

僕自身、5年前にハイスペックPCを買ったのですが、それだとメモリやCPUは良いのですがグラボが厳しかったです。

なので、グラボだけ買って自分で交換しました。

ハイスペックPCだとマウスコンピュータなどで10万近いPCを買う必要があります。

僕は1万8000円で下記のグラボを買いました。

すでに、ハイスペックPCを持っている人か、グラボ以外はスペックを満たしていて自分で交換できる人はPC版がおすすめです。

スポンサーリンク

プレステ版のメリット・デメリット

プレステ版のメリットは、PS4さえあれば、ハイスペックなPCが不要なことです。

PS4を持っていなくても、値段は安いモデルだと3万くらいなのでPCを買うよりはお得です。

デメリットはダウンロードが2400円かかることと、オンライン対戦をやるのにプレステでは月額500円のPS plusに加入が必要なことです。

つまりゲームをやり続ける間、ずっと課金されるということです。

結局、
①現時点でどんなハード機器を持っているか
②PCもPS4も持っていないのであれば、最初に高額な費用を支払うか、月額課金でちまちまお金を払っていきたいか
以上の2点で決まるということです。

個人的には、PC版をオススメします。

ハイスペックPCは、ゲームだけでなく、仕事や日常使いにおいても、動作が軽くて快適だからです。

また、僕はDBDをはじめて2週間ちょっとですが、このゲームは何年も遊べるゲームだと確信しています。

流行るだけあってめちゃくちゃおもしろい。

PS4版を買っても、課金し続けなくちゃいけないのはきついです。

PS4にはDBD以外にも面白いソフトがいっぱいあって魅力的ではあるのですが、それはPCも同じです。

たとえば、DBDを売っているsteamというサイトではDARK SOULS、PUBGなどの人気ゲームがたくさんあります。

コメント