車を持つことによるリスクは甚大。お金を貯めたい人、豊かな人生を送りたい人は絶対に買ってはいけない。

車を持つと様々なリスクや負担を背負うことになります。僕は、たとえ何億円持っていても自動車を所有するつもりはありません。

スポンサーリンク

失う時間

車を運転している間は、基本的に他のことが何もできません。せいぜいラジオを聞いたり、同乗者と話をする程度。

一方、電車やタクシーを使えば、本を読んでも良いし、席に座って眠っても良い。時間を有効活用できます。

時間は人生で最も大切なもの。車の運転なんかより、もっと有意義なことに使うべきです。

経済的負担

自動車を所有することの経済的負担ももちろん大きいです。

自動車そのものが数十万から数百万しますし、高級車であれば家が建つような物もあります。

駐車場代や自動車保険、車検、税金、ガソリン代や洗車代なども馬鹿になりません。

タクシー移動を中心とする生活を送っても車を買うよりは、はるかに安上がりの生活になるはずです。タクシーがほとんど通っていない田舎であればともかく、ある程度以上の都市に住んでいる場合は、車は絶対にいりませんよ。

カーシェアリングという選択肢がある

それでも自分で運転したいという場合。

最近は、タイムズや三井のリパークなどで気軽にカーシェアリングを利用することができます。その場合は、上記の経済的負担をせずに利用した分の料金だけ払って車を運転することができます。

実際、お子さんがいる家庭や、デートに行く時に車があった方が格好がつくし、何かと便利だという気持ちはわからなくもありません。

精神的負担

「お金を貯めたかったら車を買ってはいけない」とよく言われますが、実は、車の一番の問題点は経済的負担ではなく、事故を起こした時の精神的損失が、でかすぎることだと思います。

子どもが急に飛び出してくることは十分考えられますし、グレア現象といって、夜間に対向車のライトと自分の車のライトによって道路中央の歩行者が見えなくなることもあります。

つまり、自分がどんなに注意して運転しているつもりでも人を轢き殺す可能性があります。ちなみに日本では2時間に1人が交通事故で死亡しています(警察庁交通局調べ平成25年中の交通事故死者数より)。

人をひいてしまっても、自動車保険に入っていれば損害賠償は保険会社がしてくれるから経済的損失はそれほどないかもしれません。

しかし、被害者や遺族から恨まれる。たとえ示談交渉を保険会社に任せるにしても、加害者が直接謝りに行くのが筋というもの。大切な家族を突然奪われた家族に対し、あなたはかける言葉があるでしょうか。おそらく何を言っても許してくれることはないです。

また、自分でも自分自身を許せなくなる可能性が高いですよね。「どうしてもっと確認しなかったのか」「もう少しスピードをおさえていれば」と後悔します。事故の瞬間の映像が頭から離れず眠れなくなるかもしれない。死ぬまで自分は人を殺したという自責の念にかられます。

これらはいくらお金があっても解決できない問題です。車を買うということは、こうしたリスクをわざわざ負うということ。しかも大金を払って。僕には信じられない。

ちなみに、僕は、生命保険や医療保険に入るなと説明した時に「リスクを怖がりすぎるな。過度に不安を抱く者は余計にお金を払うことになる」と言いました。

この世界では、過度に不安を感じる人は余分にお金を取られる仕組みになっている。これは保険に限らない。

志望校に合格できるかわからないから滑り止めを沢山受けようという人は、受験料を余分に取られる。
風邪程度の病気でも必ず病院に行くという人は、ただ寝ているだけの人より余分に医療費を払うことになる。
人から嫌われたくないという理由だけで行きたくもない飲み会に行く人は飲食費が無駄に増える。

http://krichnews.com/consumption/cost/

一見、「車を運転する時のリスクを過大に取らえすぎてる」「矛盾してる」と思われるかもしれません。
でも、生命保険や医療保険に入らない場合のリスクは保険金がもらえないという「お金の損失」。一方で事故を起こした時の損失は先ほども書いたがお金では解決できないもの。全然違います。

コメント