ミニマリスト御用達の楽天カードを持つメリットとデメリット

クレジットカードの比較サイトなどを見ていると、どのサイトでも、ほぼ確実にオススメされている楽天カード。

ミニマリスト見習いの僕も持っています。今日は、そんな楽天カードのメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

楽天市場での買い物でポイント大幅アップ

まず1つ目は、楽天での買い物の際、通常1%の還元があるのに対し、楽天カードを使うと+2%されるので、合計3%の還元率になることです。

楽天銀行に口座を開き、引き落とし口座に設定すると、さらに1%増えて合計4%の還元率になります。

この還元率はやはり文句なく凄いです。

最近は、アマゾンが安いし便利だからということで楽天を利用しない人も多いと思います。

ただ、楽天は頻繁にセールをやっていて、その時は色んなポイントが付与されて、20%くらいの還元率になることも珍しくありません。

ポイント還元を含めるとアマゾンより安いことも多いので、セール時だけでも楽天市場を利用することを個人的にオススメします。

そして、その際は、少しでも還元率を高めるために楽天カードを作っておくべきです。

スポンサーリンク

楽天証券の投信買い付けに使うとポイントゲット

以前、別の記事で紹介しましたが、2018年秋から、楽天証券の投信積立に楽天カードが使えるようになりました。

しかも楽天ポイントはちゃんともらえますし、そのポイントで投信をまた買うこともできちゃいます。

つまり、現金で買ったり、他の証券会社で投信を買うよりも、1%確実に得だということです。

[朗報]楽天カードを使って投信積立をすると楽天ポイントが貯まる
ついに楽天がやってくれました! 楽天証券の積立投信と言えば、100円積立に...
スポンサーリンク

年会費無料&キャンペーンでポイントゲット

楽天カードは年会費が無料なので、ノーリスクです。

それどころか、キャンペーン中にカードを作るだけで2000ポイントもらえたり、カードを初回利用するとさらに5000ポイントもらえたりします。

これは、ありがたいですよね。

楽天カードのキャンペーンページ

スポンサーリンク

楽天ポイントカードや楽天edyを兼ねる

楽天カードとまぎらわしいのですが、楽天ポイントカードというものがあります。

楽天ポイントを実店舗で使いたい時に、楽天ポイントカードを提示することで、使うことができます。

楽天カードに楽天ポイントカードの機能を付加できるので、1枚にまとめることができます。

また、現在は楽天edyの機能も付加できます。

スポンサーリンク

楽天カードのデメリット

正直言うと、メリットのところで説明したようにノーリスクなカードなのでデメリットは特にありません。

強いて挙げるのあれば、イメージがそんなに良くないということでしょうか。

楽天カードってダサいという印象を持っている人は多いと思います。

僕みたいなセミリタイアした人間や出世を考えない人は別に気にならないと思いますが、商談の時に楽天カードを出すのって結構勇気がいるかもしれませんね。

僕は商談とか接待はないので、よくわかりませんが、女性との初デートなどで楽天カードは出さないと思います笑

そんなことを気にする女性は良くないという考えもあるでしょうが、わざわざリスクを取ることでもないかなと。

楽天カードは楽天市場での決済専用で、外ではリクルートカードを使っています。その方が還元率も高いですしね。

なので、楽天カードは僕もオススメはするのですが、これ1枚だけでやっていくのは、生粋のミニマリストじゃないと、ちょっとキツイかなと思います。

2枚の内の1枚としてなら断然オススメできます。

リクルートカードの評判とデメリットを補う使い方
リクルートカードと言えば、年会費完全無料にもかかわらず1.2%という驚きの還元率...

コメント