kyash。1回あたり利用限度額が5万円にアップ

メールを見逃していたのですが、kyashカードの1回の利用限度額と1日の利用限度額がどちらも5万円にアップしていたんですね。

3万円だと低すぎると批判がやはりあったんでしょう。どうせなら、もっと大幅にアップしてほしいのですが、まあまあの改善ではあるので良しとしましょう。

スポンサーリンク

還元率の高い支払い方法

僕の現在の支払い方法は、優先度の高い順に

  • LINE PAYカードのバーコード支払い
  • kyashカード
  • ビックカメラスイカカード(suica決済)
  • リクルートカード

となっています。

QRコード払いだけは高還元

LINE PAYは、かつては誰でも2%還元だったのですが、マイカラーというランク制度ができてから、ポンコツと化しました。

ランクに応じて、0.5%、0.8%、1%、2%の還元率ですが、2%となる条件は月10万円以上の利用と5人以上のユーザーへの送金なので相当ハードルが高いんですよね。10月からは送金は条件から外れますが、それでも月10万というのはいただけません。カードとしては価値なしです。

しかし、QRコード決済だけは別です。QRコード決済をすると、ランクに応じた還元率に一律3%が付加されます。つまり、最低ランクの0.5%の人でもQRコード決済では3.5%の還元率になるということです。これは驚異的です。QRコード決済に対応したお店はまだまだ少ないですが、ローソンやサンドラッグ、ゲオ、ビッグエコー、ロフトなどでは使用できます。

QRコード支払いができるところはLINE pay一択です。

QRコード支払いができないところ

その場合は、kyashカードを使えば、kyashカードの2%とクレジットカード(リクルートカード)の1.2%の合計3.2%の還元率になるので、それを使います。

kyashが使えない場合は(結構多い)、Suicaが使えればビックカメラスイカカードのSuicaで払います。Suica決済のときにはポイントはつきませんが、このカードはSuicaチャージの際に1.5%分のポイントがもらえるからです。

Suica決済もできないところでは、仕方ないのでリクルートカードで支払い1.2%の還元を受けます。

スポンサーリンク

サブカードを使う場合

楽天カードは日常では使いませんが、楽天証券での投信積立(1%還元)、楽天市場での買い物(+3%の還元)では大活躍してくれます。また、ビックカメラでは当然ビックカメラスイカカードでSuica決済します(11.5%の還元率)。

僕が持っているサブカードはこれだけですが、無印をよく使う人はmujiカード、マルイをよく使う人はエポスカードなど、その店が出しているカードを持つのはアリだと思います。

最悪なのが年会費が何万円もするようなプラチナカードやゴールドカードです。ステイタスを求める人には良いのでしょうが、セミリタイアを目指す人には不要ですね。

コメント