後鼻神経切断術の術前検査とオリエンテーションを受けてきた話

鼻のクリニック東京から電話がきて、キャンセル待ちをしていた6月に手術を受けられることになりました。

その電話で術前検査とオリエンテーションの日程も決めてもらいました。僕の場合は4月に術前検査、5月にオリエンテーションとなりました。

スポンサーリンク

術前検査

術前検査というのは、全身麻酔をして手術を受けるのに問題がないか、胸部レントゲンや血液検査などをおこなうものです。健康診断の簡易バージョンみたいな感じでしたが、他にも匂いをきちんと感じ取れるかどうかの検査がありました。

また、2回目の診察のときか、この術前検査の時かは忘れたのですが、手術の内容をまとめたDVDと手術の同意書・付き添い同意書・手術費用支払い保証書(本人と家族分)を渡されました。DVDの指定された部分を家族と一緒にオリエンテーションの日程までに見ておくよう指示されます。また同意書などはオリエンテーションの日に記入して持ってくるよう言われました。
鼻のクリニック東京
DVDの時間は指定された部分で20分弱でした。

内容は慢性鼻炎のメカニズムや手術の説明です。

特に目新しい情報はありませんでした。これまでの医師の説明を聞いて、渡された冊子を読んでいれば、特に見る必要なかったんじゃないのかなっていうのが正直な感想でした。

ただ、家族が内容を理解するには良いものだと思います。

術前検査の日の支払いは4070円。「手術のてびき」には1万円前後と書いてあったので、「あれ?安いな」と思いました。僕は過去に別の病院で受けたアレルギー検査の結果を初日に渡しているので、人によってはアレルギー検査もあるのかもしれませんね、あとは年齢などによっても検査内容が変わるのかもしれません。時間は1時間くらいでした。

スポンサーリンク

オリエンテーション

5月のオリエンテーションは家族と一緒に受ける必要があります。

オリエンテーションでは医師からもう一度、手術の内容について説明がありました。その後、看護師か事務の方か忘れてしまったのですが、手術前~手術当日~手術後の過ごし方について注意事項の説明があります。

冊子に書いてあることを読んでいれば、オリエンテーションも不要なんじゃないのかなあというくらい特に難しいことや新しい指示はありませんでした。

多分、きちんと家族にも手術の内容を説明するのが医師の義務になっているか、病院の方針なのでしょうね。また、手術当日は家族のお迎え付き添いが必須なので、手術当日までに、病院の場所を付き添いの家族に確認してもらうという意味もあるのかな、と思います。時間も3時間と言われていましたが、2時間ちょっとでした。

オリエンテーションの日の支払いは530円でした。安かったです。ちなみに「手術のてびき」には1000円~4000円くらいと書いてありました。

スポンサーリンク

手術当日までの過ごし方

手術前は2ヶ月禁煙ということでしたが、僕はもともと吸わないので特に気にする必要はありませんでした。

手術前に風邪をひいたり発熱があった場合は、手術を受けられるなくなる(日程変更)と言われていたので、風邪を引かないように細心の注意を払っていました。

5月6月と比較的過ごしやすい時期でしたし、無事、風邪を引くことなく、手術当日を迎えることができました。

この点、秋とか冬に手術を受けようとする方は要注意だと思います。

・手術前日
病院から午前中に体調などの確認の電話があります。
アルコールは禁止で、飲食はこの日までです。日付が変わって手術日になった瞬間から水も含めて禁止です。

喉が乾いたら嫌なので、寝る前にたっぷり水を飲んでおきました。

次の記事では、いよいよ手術当日のことについて書いていきます。

コメント